口の周りに黒ずみができる3つの原因とは

顔の部分に出来る黒ずみも
色々とありますが
あまり知られていない
「口周りの黒ずみ」もあります。

口周りにできる黒ずみの原因として
3つあります。

・紫外線によるもの

体質により異なりますが
紫外線を浴びると日焼けとなり
肌が黒くなります。

特に、口の周りは皮膚が薄く乾燥しやすく
紫外線に当たれば
ダメージも大きくなります。

紫外線により日焼けをしても
時間が経てば元の色に戻りますが
繰り返し繰り返し紫外線を浴びる事で
肌に影響を及ぼし黒ずみとなり
色素沈着が起きます。

・乾燥によるもの

上記で説明している通り
口の周りは非常に乾燥しやすいです。

口元専用の保湿ケアがあるように
口周りの乾燥に悩んでいる方も居ます。

肌が乾燥してしまうと
ターンオーバーが乱れるため
肌を正常に保てず
黒ずみという色素沈着が起きます。

・剃刀による刺激

男性はもちろん、女性でも口周りには
毛が生えています。

口周りの毛を剃刀で処理することで
肌に刺激が与えられます。

そうすると、黒ずみとなるメラニンの働きが活発になり
色素沈着を起こしてしまいます。

上記の3点が口の周りにできる
黒ずみの原因となります。

黒ずみはメラニン色素によるものなので
メラニンを増やさないように
なるべく、肌に刺激を与えない事が大切です。

妊娠線、肉割れに効果的なガス注入治療

インターネットのあるクリニックでは妊娠線や肉割れに効果的な治療法として皮膚の再生治療が行われています。直接、皮膚の真皮層に血流改善ガスが注入されます。

そうすることによって皮膚内部の血流が改善され、コラーゲン生成が促されます。専用クリームやレーザー治療とは根本的に異なり、真皮層に直接的に働きかけるので、改善効果が高いです。

お尻にできた肉割れを治すクリーム

痛みが少ない極細のハリによって注入され真皮層細胞に素早くガスが広がるので効果が大きいです。この治療がたったの約10分で終わるので簡単で手軽に治療することができます。

薬を使う治療法ではなく、これといった副作用の心配がありません。またガスは気体なので皮膚細胞に効果が広がった後は皮膚から空気中に抜けていくので、体の中に害になるようなものは何も残りません。

ですので安心安全な治療方法です。例えば、クリニックの治療方法にレーザー治療がありますが、熱治療のため副作用などでは火傷跡が残ることがありますが、そのような心配もありません。

この治療法は海外でも実績がある治療法で日本の多数のメディアや女性誌に掲載され紹介されています。またこの治療方法は妊娠線や肉割れを起こして何十年たった跡にも効果大だそうです。

シワに良い食べ物は「大豆」です

歳を取ると同時に肌への影響も大きく
若い頃のような肌を維持するのは
とても難しいことです。

加齢により肌のサイクルが衰えるため
保湿不足だったり、栄養素不足になりがちです。

肌の表面から補う方法もありますが
肌の表面から補える成分はごく僅かでもあり
その反面、体の内側から補うことで
内面からケアができ全体に行き渡ってくれます。

肌の弾力やハリ、潤いはコラーゲンという成分で保っており
年齢と共に失われていくコラーゲンが不足することで
肌が衰えていき弾力やハリ、潤いを維持できずシワの原因ともなります。

体の内側から補う方法は「食べ物」にあります。

食べ物にはコラーゲンを含む食材がいくつかあり
補うことで不足しがちなコラーゲンを摂取できます。

コラーゲンといえば
スッポンやフカヒレが代表的な食べ物ですが
高価ですし
中々食べる機会がないと思います。

他にも、コラーゲンが含まれているのは
「大豆」で有名な食べ物です。

大豆は、納豆や豆腐から手軽に食べれます。

あの有名なオカメ納豆には
コラーゲンが2500mg含まれており
コラーゲンの摂取量は1日約5000mgです。

2500mgが全て体に吸収する訳ではないですが
納豆1パックでもかなりのコラーゲンを摂取できるという事です。

1日3食で納豆を1パックづつ食べれば
1日の摂取量を摂れますし
だいたい3パックで100円前後なので
スキンケアよりもコスト的に優れています。

普通体型の人の妊娠線

私は普通の体型なので、妊娠出産や妊娠線を特に気にしているわけではありませんが、出産後の妊娠線がひどくならないようにクリームで毎日スキンケアしています。

初めての妊娠出産は、何かと気になることが多いですが、初産の場合、妊娠線ができにくいらしいので少し安心しています。2回3回目の妊娠出産時には妊娠線ができやすいらしいので要注意ですね。

一人目の子の育児に追われてスキンケアする時間がないらしいです。それに1回目の妊娠で子宮の大きさも皮膚の伸びも良くなっているので妊娠線ができやすいのだそうです。

私の知人に小柄な人がいますが、初めての妊娠から妊娠線に気を使い、今3人目を妊娠中です。その人が言うには小柄な体型の人は、妊娠線ができやすいのだそうです。小柄なのにお腹が大きくなりお腹の皮膚の伸びが目立ちます。出産が終わると伸びた皮膚の縮みが多くなり妊娠線もかなり目立つのだそうです。

小柄な人は妊娠するだけでも大変なのに、妊娠が終わった後も大変なんですね。それに比べて大柄な人は妊娠も妊娠線もあまり心配することがないようです。お腹が広く背も高いので妊娠が楽で、妊娠線もできにくいそうです。大柄で少し太り気味の人も妊娠線ができにくいのだそうです。

太ももの肉割れを消す人気クリーム

汚れ以外の黒ずみの原因とその対処法

顔が黒ずんで見えるのは、毛穴に汚れが溜まって黒くなっているせいだと考えられています。
ですが実は汚れている事だけが、黒ずみの原因では無いのです。
では他に何が原因しているのかと言いますと、蓄積されたメラニンのせいなんです。
メラニンは肌へのダメージが大きいと作られてしまう物質で、黒い色素が多く含まれています
そのためメラニンが増えると、肌がくすんで汚く見えてしまうのです。
さらに汚れだと思ってゴシゴシと肌をこすり洗いした事により、余計にメラニンが増えるなんて事も有ります。
なので肌を労わってあげて、余計な刺激を加えないようにしなくてはなりません。
それから顔の産毛が埋没している場合も、黒っぽく見えてしまうでしょう。
産毛が埋没する原因には全く処理をせずに古くなってしまった事や、毛抜きで抜く等の乱暴な処理をした事が関係します。
ですから顔の産毛は、シェイビングクリームを塗った上からシェイバーを使ってそっと剃るようにしましょう。
洗顔フォームでも良いのですが、シェイビングクリームを塗った方が肌への刺激が少なくて済みます。
洗顔フォームを使用する時は、ふんわりとした泡を立たせてから使うようにして下さい。
肌を労わって産毛の処理をするだけでも、だいぶクリアに見えるはずです。